七か所まいり

四国には、四国遍路という巡礼があります。
「空海」さんゆかりの八十八のお寺を巡るもので、歩くと総距離1,200kmおよそ40日あまりの過酷な旅です。
近年ではスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(世界遺産)を歩いた欧米の人達や、
台湾を中心にアジアの人達も、四国遍路に挑戦する人が増えてきました。
ただ誰にでも簡単に挑戦できるようなものではありませんし、ましてや休みの短い日本人にはとてもハードルが高いですよね。

そこで!善通寺には「七か所まいり」というお遍路の方法があります。
江戸時代から「足よはき人は 此印七り七ヶ所をめぐれば 四国巡拝にじゅんずといふ」とこの「七か所まいり」が勧められていました。
つまり八十八か所全部を巡る事が困難な人は空海さんの生まれた善通寺を中心に71番から77番の7か寺を巡ることで
四国八十八ヶ所を廻ったのと同じ御利益があるとされているのです。
またこの7か寺には、ご本尊とともに私たちを守ってくれる七福神もお祀りされていて
7つの福を授かると同時に、七色のカラフルな御朱印が頂けます。

せっかく四国に来たらぜひ、ほんの少しだけでも、プチお遍路にチャレンジしてみませんか!

弥谷寺の画像
曼荼羅寺の画像
出釋迦寺の画像
甲山寺の画像
善通寺の画像
金倉寺の画像
道隆寺の画像